2019/05/21

私はギャンブル依存症?|ギャンブル依存かチェックする3つの方法

ギャンブル依存症,診断マーク

「パチンコをやめたいんだけど、やめられない。」

 

「今は家事をしなければならないのに、麻雀のことが頭から離れない。」

 

こうお悩みの方は、もしかすると「ギャンブル依存症」かもしれません。

 

ギャンブル依存症とは「パチンコやマージャンなどのギャンブルを自分の意志ではやめられない精神疾患」のことを指す言葉です。

 

ギャンブルにはまっている人の中には、自分がギャンブル依存症かもしれないと不安を抱えつつも、病院等に行くことが怖い、と悩む方もいるかもしれません。

 

この記事ではギャンブル依存症かチェックする方法についてご紹介します。自分はギャンブル依存症なのかそれとも違う精神疾患の恐れがあるのかなどを知る1つのきっかけになると思います。

 

ギャンブル依存症かもと悩む当事者だけでなく、当事者の家族の方にも使っていただけるテストもあります。

 

お読みのあなたが、少しでも不安な日々が減りますよう祈っています。

 

目次

 

1. ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症をチェックする方法をお伝えする前に、まずはギャンブル依存症について整理します。

 

ギャンブル依存症とは、「ギャンブル等の賭博行動を自分の意志ではやめることのできない精神疾患」の1つです。

 

DSM5では物質関連障害および嗜癖性障害群のなかでも、非物質関連障害群と記載されている疾患で、ギャンブル依存症は臨床現場では「プロセスの依存」と呼ばれています。

 

「プロセスの依存」についてご存知ない方もいらっしゃると思うので簡単にご説明したいと思います。プロセスの依存とは、特定の行為に依存する病です。

 

例えば、スマホでネットサーフィンを自分の意志ではやめられず、不登校になるケースが臨床現場等でも報告されていますが、この背景に「インターネット依存」が関連しているかもしれません。

 

もしくは今回のギャンブル依存症の様に、ギャンブルを借金を作っても、欠勤しても、ギャンブルをやり続けてしまうなどの行為は「プロセスの依存」(この場合はギャンブルを続ける行為に依存している)の可能性が高いです。

 

最近、ICD11で疾病として認定された、「ゲーム障害(ゲーム依存症)」も「プロセスの依存」の1つです。

 

これらは本人のわがままや甘えによるものではなく、依存症の症状によって引き起こされるもので、特定の行動をし続ける当事者自身も苦しんでいることでしょう。

 

そのため、病院等で治療を行うことで、これらの症状が改善する可能性があります。

 

2. ギャンブル依存症をチェックする方法

ギャンブル依存症をチェックする方法ですが、現在よく使用されているテストは3つあります。1つずつ紹介していきます。

 

「自分はギャンブル依存症かもしれない。」

 

とお悩みの場合、ぜひお近くの依存症専門機関にご相談ください。

 

①DSM5

DSM5とは主にアメリカで使用される、診断基準の1つで「米国精神医学会が作成する精神疾患・精神障害の分類マニュアル」と呼ばれています。2013年にアメリカで出版されました。

 

日本でもギャンブル依存症だけでなく精神疾患の診断をする際に使用する診断基準の1つです。

 

DSMの診断基準では、ギャンブル依存症の特徴を示す 9 項目のうち、4 つ以上に当てはまること(基準 A)、そして「その賭博行為は、躁病エピソードではうまく説明されないこと」(基準 B)を両方同時 に満たす場合、「ギャンブル障害」と診断されます。

 

簡単に説明すると、基準Aを満たし、ギャンブル依存症に見えても、ギャンブル行為を行っている際に、「躁うつ病」当事者である場合、その行為が「ギャンブル依存症」の症状だと認められず、ギャンブル依存症という診断基準が付かない場合があるのです。

 

ここでは診断基準についてもご紹介します。よければ参考にしてください。

 

DSM5

 

 

②SOGS(ギャンブル依存症自己診断)

依存症チェック表

次に、ギャンブル依存症治療で成果を上げているサウスオークス財団が開発した SOGSテストをご紹介します。

 

テストの採点の結果、5点以上であれば「ギャンブル依存症」としています。

 

ただし、テストの結果3点、4点であったから、ギャンブル依存症でないと安心できるわけでもなく、将来ギャンブル依存症になる可能性がある「問題賭博者」とされています。

 

SOGS

③GAによる20の質問

最後にご紹介するテストは、ギャンブラーズ・アノニマス(GA)という「ギャンブル依存症当事者による自助グループ」が作成した20の質問です。

 

このテストは20の質問に、「はい/いいえ」で答えていきます。その結果はいが 7 項目以上あると「強迫的ギャンブラー」であると診断されます。

 

詳細はこちらからご確認いただけます。興味のある方はぜひご覧ください。

 

3. まとめ

この記事では「ギャンブル依存症かも?とご不安に思われている方」に向けて、ギャンブル依存症かどうかチェックするテストをご紹介しました。

 

これまでの内容を改めてまとめていきます。

 

  • ①ギャンブル依存症は、ギャンブルをやめたいけどやめられない精神疾患です。

  • ②ギャンブル等の賭博行為を続けてしまうのは、本人の甘えやわがままではなく、ギャンブル依存症である可能性が高いです。

  • ③ギャンブル依存症かどうかチェックするテストとして「DSM5の診断基準」「SOGS(ギャンブル依存症自己診断)」「GAによる20の質問」があります。

 

私たちヒューマンアルバでは、ギャンブル依存症を含む様々な依存症当事者と家族のサポートを行っています。

 

「自分はギャンブル依存症かもしれない…。でも病院に行くのは怖い…。」

 

そうお思いの場合も、ぜひ私どもを頼ってください。

 

どんな些細な悩みでも構いません。費用はかかりませんので、せひご連絡ください。

 

お電話でのご相談が難しければ、メールでもお待ちしております。

 

お問い合わせはこちらから↓

社名: 株式会社ヒューマンアルバ

住所: 〒214-0038神奈川県川崎市多摩区生田6-4-7

TEL: 044-385-3000 (受付時間: 平日10:00-17:00)

 

----------------------------------------------------------------------

ヒューマンアルバでは、定期的に『家族会を開催しております。

依存症者を回復につなげるためには、まずご家族が対応を変えていく必要があります。

 

・つらい思いを吐き出す場として

 

・状況を変えていく学びの場として

 

ぜひ、ご活用ください。 (お申し込みはこちらから)

----------------------------------------------------------------------

 

参考:

・日本精神神経学会 精神科病名検討連絡会(2014) DSM‒5 病名・用語翻訳ガイドライン(初版) 精神神経学雑誌 第116 巻 第6号(2014) 429‒457 頁

・講演4「医学的立場からの依存症」京都大学こころの未来研究センター教授: 船橋 新太郎氏

・西川京子『知っていますか? ギャンブル依存 1問1答』 (2013) 解放出版社

・高橋三郎・大野裕監訳, 染矢俊幸・神庭重信・尾崎紀夫, 三村將, 村井俊哉 翻訳(2014) DSM-5 精神疾患の分類と診断の手引.(日本精神学会監修) 東京: 医学書院

 

ライター名: 松友萌