2018/06/18

アルコール依存症の親の子どもは生きづらさを抱える

依存症当事者の皆さまへ 
依存症は本人だけでなく家族にもその影響を「強く・深く」及ぼすことはご存知ですか?
今回の記事はそのような事実を理解していただくために執筆しています。依存症は当事者だけでなく、家族も苦しむ現代病です。家族のうち誰かが依存症傾向にあると、家族全体に様々な不都合が出てしまいます。そして家族の構成員は、依存症の家族の対応に疲れ、生きづらさを抱えます。その後依存症の家族だった人自身も依存症になる可能性があるのです。                      

今回はなぜ依存症の親の子が依存症になるのか、そのメカニズムについてお伝えしていきます。

目次

1アルコール依存症の親を持つ子どもは生きづらさを抱えて生きていく…そのメカニズム

2子どもたちの生きづらさは実際にどんなものなの?

3生きづらさの連鎖を食い止めるには?

4まとめ

 

1アルコール依存症の親を持つ子どもは生きづらさを抱えて生きていく…そのメカニズム

なぜアルコール依存症等の依存症の親を持つ子どもは生きづらさを抱えているのでしょうか?

依存症の親や家族が毎日のように喧嘩をする家庭や、依存症の親が借金をし、その取り立てに追われることで居場所が確保できなくなる家庭があります。過酷な家庭環境を生き延びるために、子どもたちは次第に「他人は信用できない。信じられるのは自分だけ」と猜疑心を強くする傾向が見られます。そうした傾向は、大人になっても忘れられず、人を簡単に信用できない「生きづらさ」へと繋がるのです。

2子どもたちの生きづらさは実際にどんなものなの?

先ほど依存症の親をもつ子どもは、猜疑心が強く人が信じられない傾向になりうるとお話ししました。そして、猜疑心以外に精神面にも悪影響を与えます。依存症の親の元で育ち、安心安全な家庭で育てなかったが故、子どもたちは心のどこかで、「むなしさやさみしさ」を感じやすいといいます。具体的には以下のような精神的影響を及ぼします。

  • ・強い警戒心
  • ・自分の素直な感情を押し殺す
  • ・人に心を開くことができない
  • ・人との距離感がうまく掴めない
  • ・予期せぬ状況に柔軟に対応できない

さらに、近年の研究では依存症の親の元で育った子どもはそうでない子どもに比べ、不登校、家庭内暴力、非行などになるリスクが高いだろうといわれています。

依存症当事者にも生きづらさはあるのでしょうが、その家族も「生きづらさ」を感じています。特に、周りの影響を受けやすい子どもほど、より一層その傾向は強くなります。そして、覚えていてほしいポイントは、「依存症当事者は本人だけでなく世代を超えて周囲の人間に影響を及ぼす」ということです。

また親のもとで育った子どもたちへの影響はその子どもの結婚にまで影響を及ぼします。依存症の親の家庭で育った女の子は、もし父親が依存症の場合、同じように父親のような依存症者、もしくは「生きづらさを抱えた人」をパートナーとして選択する割合が高いといわれています。

 

3生きづらさの連鎖を食い止めるには?

ここまで、依存症の親の元で育った子どもは生きづらさを抱え、その子どももまた生きづらさを抱える可能性についてご紹介しました。ではこの連鎖を食い止めることはできないのでしょうか?ここでは周囲ができる依存症の親の元にいる子どもにできる3つのことをお伝えします。

 

①依存症は病気であることを伝える

ギャンブル依存症になり、ギャンブルをするために家に帰ってこない。アルコール依存症になりいつでもお酒を飲んでいる。もし依存症の親がそのような行動をしていたとしても、家族や子供が嫌いだからという理由だけで依存症になったわけでも、本人がわがままで依存症になったわけでもありません。子どもは依存症の親を見て、「自分のせいで、ずっとお酒を飲んでいるのかもしれない…。」と自責するかもしれません。そのため、周囲の人が「依存症の親は依存症という病気になっている」と伝えることが重要です。親が依存症であると知ることで、親の依存行動を見ても、子どもが自分を自責したり、不用意にフラストレーションを抱えずにすむでしょう。

 

②子どもに罪はないことを伝える

依存症になってしまったのは自分のせいだと責める子どもも少なくありません。また、依存症の親を世話する親側から「離婚したいけどあなたのためにも、両親が一緒の方がいいと思うから離婚できないの…。」などの言葉をかけられ子どもは傷つく可能性があります。しかし、親が依存症になってしまったことも離婚できないことも、決して子どものせいではありません。周囲の人は依存症の親の元で育つ子どもに明確に「あなたは悪くない」と伝えてください。

 

③子どものSOSを見逃さない

依存症の親の元で育つ子どもは、依存症の家庭という過酷な環境にいることで、うつ病やパニック障害などの精神疾患を発症したり、引きこもりや不登校になるなどの行動がみられる時があります。言葉にならないこれらのSOSを見逃さず、彼らの心の傷や悲しみに寄り添ってください。具体的には、彼らに「安心安全な環境」の中で、つらい気持ちや悲しい気持ちを吐き出せるように、コミュニケーションをとったり、カウンセラーなどの第三者につなぐなどして、子どもたちの苦しみをそのままにせず、少しでも苦しみが軽くなるように働きかけることが重要です。

 

4まとめ

 

  • ①依存症の親の子どもは過酷な環境を生き延びるために、様々な生きづらさを抱える可能性があります。具体的には人を信じられない、自分の素直な気持ちを伝えられないなどです。

  • ②依存症の親の子どもは、様々な生きづらさを抱える可能性が高いです。そして、その影響は心理的影響に留まらず、パートナーの選択にも影響を及ぼすのです。

  • ③依存症の親の子どもが、その後生きづらさを抱えずにすむように、周囲の人は「依存症は病気である」、「親が依存症になってしまったことは子どものせいではないと明確に伝える」、「子どもが苦しんでいるときに心から寄り添う」などの行動が必要です。

 

アルコール依存症は心の病気です。

依存症当事者は依存症になる前から、苦しみや悲しみを抱え、その苦しみから一次的に逃れるため、依存行動をしてしまいました。そのため、単なる依存症治療に留まらず、依存症当事者が抱える苦しみに寄り添い、彼らが少しでも生きやすくなれるような支援が必要です。

私たち、ヒューマンアルバでは依存症回復に向けた無料相談を行っています。私たちの施設では、依存症の当事者やその家族としてアルコール依存症を体感した経験を持つスタッフが依存症の方やご家族一人一人に寄り添った対応を行なっています。
・私、アルコール依存症の親の元で育って…。ずっとつらかったんです。
・依存症の家族がいて、私、とっても苦しいです。
どんな小さなお悩みも、あなたの意見を尊重しながら、回復に向けて共に歩んでいきます。
お気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちらから:
https://human-alba.com/contact/
ヒューマンアルバ
〒214-0038
神奈川県川崎市多摩区生田6-4-7
電話でのご相談も受け付けております
(受付時間:平日10:00〜17:00)
044-385-3000

 

--------------------------------------------------------------------------------------------
ヒューマンアルバでは、定期的に『家族会』を開催しております。
依存症者を回復につなげるためには、まずご家族が対応を変えていく必要があります。

・つらい思いを吐き出す場として

・状況を変えていく学びの場として

ぜひ、ご活用ください。 (お申し込みはこちらから)
----------------------------------------------------------------------------------------------

出典:

よくわかる依存症 榎本稔 主婦の友

斎藤学 (1986) アル コール依存 に関す る12章噂 好行動 と家族.有斐閣新書

鈴木明由実 アダルト・チルドレンが語る「回復」への ナラティヴ・アプローチ

原 英樹(2011)家族システムの歪みによって引き起こされる問題性につい て

井村 文音・松下 姫歌(2011)サブシステムに着目した家族機能と アダルトチルドレン傾向との関連について

Repeat~りぴぃーと~ ~りぴぃーと~-アルコール依存症からの回復-

 

ライター:松友萌