2018/10/22

親が原因で依存症になることも?家庭環境の特徴とは ?

「うちの息子はアルコール依存症なのよ、だらしないわよね。」

「うちの娘、常に恋人がいないと不安みたい。その恋人にも依存しているみたいだし、心配だわ。」

 

このようなフレーズ、どこかで聞き覚えがありませんか?

依存症状態を作り出している原因の一つとして「親」の存在があるかもしれません。

今回は親が原因で引き起こされる依存症に関してお話をさせて頂きたいと思います。

 

目次

1.依存症の原因

2.依存症を生み出す親子関係、家庭環境の特徴とは

3.依存症の克服に向けて

3-1 当事者向け

3-2 家族向け

4.まとめ

 

 

1.依存症の原因 

「遺伝やきっかけなど、依存症の原因や要因に、親は関係するの?」
今回はそうした疑問に答えるべく、まずは依存症とはどんな病気か整理したうえで、親が依存症の原因の1つになりうるという話をいたします。

 

まず、依存症とは「人の精神に作用するアルコールや薬物などを使用する、もしくは興奮させるような行為(ギャンブルやゲームや買い物など)を繰り返し行うことで、日常やらなければならないことよりも、依存する対象への欲求が極度に高まり、その物質や行為がないと不快になるなどの禁断症状が生じ、『やめたいけどやめられない』状態になる精神病理」です。

 

実際に依存症になるとどんな状況になるかイメージしにくいかと思いますので、例を挙げます。アルコール依存症の方であれば、「仕事の憂さ晴らしに家でアルコールを飲んでいるうちに、アルコールを飲まないと、イライラしたり、眠れなくなるなどの身体症状が生じ、最終的にアルコールを飲み続けるために会社に行けなくなる」などのケースがあります。

アルコールを飲んでいない時にイライラするなどの不快さ、眠れないなどの身体症状などの禁断症状が生じるようになり、最終的に「やらなければならない」仕事などの責任を果たせなくなります。このように依存症になることで、身体も傷つき、また社会的責任が果たせなくなる可能性があります。

 

では依存症になる原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか。主な原因に以下の4つがあげられます。

 

1周囲の影響による依存症発症

2自分の欲求の代替先としての依存

3遺伝的なもの

4アルコールや薬物などの物質乱用

 

1周囲の影響による依存症発症

幼い頃にギャンブルやアルコールに依存している親を見て育った子どもは、大人になるとギャンブルやアルコールに依存しすくなる場合があります。また、親だけでなく、友人などの周囲の人間関係にも薬物やアルコールの乱用者がいると、彼らから影響を受けたり、誘われたりすることで薬物やアルコールを使用し依存症になる場合もあります。

 

2自分の欲求の代替先としての依存

人間は常に何かしらの欲求を持ち合わせています。その欲求が満たされれば幸福感を得ますが、満たされなければ不快感を得ます。その不快感を別のもので軽減しようとした結果、依存症を発症するといううケースもあります。例えば、職場のストレスを解消するために買い物をする、ギャンブルをするなどしているうちに買い物やギャンブルがやめられなくなり、依存症になるケースもあります。

 

 3遺伝的なもの

親がそもそも依存症である場合、子供も依存症になりやすいといわれており、原因の1つとして遺伝が関係するという見解もあるようです。例えばアルコールを乱用する、アルコール関連障害をもつ人の3人に一人の割合で親がアルコールを乱用しています。

 

4アルコールや薬物などの物質乱用

乱用をすることは依存症のリスクを高めます。「いつでもやめようと思えばやめられる。最後の一回だから」などと言いながら乱用をすることで体はその状態に慣れ、逆に乱用をしていない状態になると違和感を持ち、気づいた時には重度に依存していることがあります。

2.依存症を生み出す親子関係、家庭環境

依存症を生み出す特徴的な親子関係・家庭環境をまとめると次のようになります。

1そもそも親が依存症で子どもに悪影響を及ぼしてしまう関係

2子どもへの愛情の不足

3子どもへの無関心・放任主義

4子どもへの過干渉

5過度な甘やかし

 

1そもそも親が依存症で子どもに悪影響を及ぼしてしまう関係

親が依存症である場合、周囲の影響や遺伝的な要因で子どもも依存症を発症しやすくなります。他にも、親が依存症である背景には親の精神的疾患があることも考えられます。そのような状態が子どもにも精神的疾患や問題行動を引き起こしてしまい、子どもが依存症になるきっかけを作ってしまうことがあります。

 

2子どもへの愛情の不足

両親の不仲、片親、DV(家庭内暴力)、過度な多忙などにより、子どもへの愛情が欠けてしまうことがあります。すると子どもは「自分は大切な存在ではない」「自分は捨てられた存在だ」と思い込み、何かに依存をすることで寂しさや承認欲求を満たそうとします。幼い頃はぬいぐるみ、ゲームなどに依存し、大人になってからはアルコール、ギャンブル、恋愛、性行為などに対して過度に依存してしまうのがその典型です。

 

3子どもへの無関心・放任主義

こちらは愛情不足と重なる部分もありますが、子どもに対して干渉やアドバイスが著しく少ないのも依存症発症の原因の一つです。子どもが何か依存症になる可能性のある行動をとっているとき、それを監督するのも親の役目です。例えば、ゲームに過度に熱中している子どもを放置しておけばいずれゲーム依存症等になってしまう可能性を高めます。

 

4子どもへの過干渉

3とは対照的に、過度な子どもへの干渉も依存症につながる原因のひとつとして考えられています。親を意識するあまり、子どもが自分の本当の気持ちを表現できなくなってしまい、日常の楽しみが失われていきます。結果的にゲームやネットによる一時的な快感に楽しみを見出すようになり、依存症になってしまうのです。

 

5過度な甘やかし

過度な甘やかしをしてしまうことも依存症発症の原因の一つです。これは先ほど説明した「自分の欲求の代替先」としての依存に関連します。例えば、子どもが何か失敗をしたり、欲求が満たされずに不機嫌な時、親がおもちゃやゲーム、お菓子などを与えるなどです。満たされない欲求不満を別の方法で軽減する癖を覚えてしまうと、子どもは将来的に、何かに依存してしまうことがあります。

 

上記から、親子関係が子どもの依存症発症に関連していることがわかります。このように依存症の原因に親や家族関係が関連することも少なくないでしょう。「依存症になるのは本人の甘えや弱さのせいだ」と思われがちですが、決して本人だけのせいではないのです。

  

3. 依存症の克服に向けて

次に関心ごととなるのは、実際に依存症状態にある方がどのようにして克服をすれば良いのかということではないでしょうか。ここでは、依存症の当事者、また依存症患者を持つ家族に向けた対応をお伝えします。

 

3-1依存症当事者

依存症当事者であるあなたは「意思が弱いから依存をやめられないのだ」、「依存症が治らないのは自分に甘いからだ」とお思いかもしれません。しかし、依存症はだれしもなりうる病気です。そして適切に第三者を頼れば克服することができるでしょう。「依存症から立ち直りたい」と願うあなたにできることを3つお伝えします。

 

1本人が自覚し、治療に向けて自身で意思をもつ(認める)

依存症の方は、自分が依存症であることを隠したがる傾向があります。専門医療機関への受診を拒否することもあります。依存症を自力で治すことは非常にタフな事であり、依存症という状態自体が既に自力では治せていない状態なのです。勇気を出して治療を受ける決意をしましょう。

 

2行動療法プログラムに参加する

専門の期間で相談をし、回復に向けてトレーニングをしましょう。トレーニングは個人で行うこともあれば集団の場合もあります。特に集団で行うトレーニングでは、同じ悩みを持つ人々と関わることで共に回復へと努力することが出来るかもしれません。

 

3自助グループに参加する

自助グループとは、「同じ問題を抱える者同士が集まって意見を交換し、互いに援助しあう集団(大辞林第三版より引用)」です。グループに属することで一人で悩まずに、問題への取り組み方や姿勢で自己変容を促しましょう。

 

依存症を完璧に克服することは簡単ではありません。しかし、あなたが勇気を出して取り組む姿を周囲に見せるだけでも、周囲との関係改善には十分に役立ちます。

 

3-2家族

さて最後に依存症になった子供に対して親や家族ができることはどんなことがあるでしょうか?

以下親に出来る重要な役割について述べます。

  • 「親が関連する依存症の原因は分かったけど……。実際にどのような親子関係・家庭環境が影響しているの?」とあなたはお思いの特徴とはかもしれません。

 

1子どもの話に心を傾けて聴く

家族の人に自分の苦しみに関して聞いてもらい、受け止めてもらえればそれだけで当事者は癒されます。更に、子どもたちが記憶しているお話は周囲の大人が記憶しているお話とは事実が異なる場合もあります。もしくは大人たちの方が完全に忘れてしまっている可能性もあります。子どもにとっては自身の記憶がまぎれもない事実。それを受け止めてあげることが癒しにつながります。

 

2子どもの過去と現在の苦しみを受け止める  

子どもたちも、彼らなりに生活に苦しみを感じています。そしてアダルトチルドレンと呼ばれる人たちは、大人になった現在でも苦しみ、悩みながら生活をしています。彼らの悩みや言い分を聞いて受け止めてあげてください。

 

3自由で率直な親子関係を築く

親子で自由で率直な関係を作り上げていってください。親だからといって、決して子どもよりも上だと言えるものではありません。親も完璧ではなく、多くの間違いを犯します。完璧な自分でいる必要

                      

4忍耐を持って待つ

依存症の治療を始めても、すぐには効果が現れるとは限りません。また、依存症の期間に壊れてしまった周囲との関係性も、すぐには修復できないと思われます。依存症の彼らは勇気を振り絞って治療に取り組んでいます。彼らの勇気・思いを尊重し、長い目で待っていてあげて下さい。 

4.まとめ

 

  • 1 依存症の発症には親子関係や家庭環境が密接に関わっています。
  • 2 依存症当事者の方は、勇気を出して自分と向き合い、治療を検討してください。
  • 3 家族の方々が、依存症と戦う子どもを長い目で応援してあげてください。

 

さて、依存症と向き合う際、依存症当事者もしくは家族だけで治療に取り組むことは現実的ではありませんし、その必要はありません。

依存症に陥ってしまったのは、心の弱さや怠けではなく、心の痛み・苦しみに耐えられなくなってしまったからです。そのため依存症治療の過程では、過去の自分と向き合い、依存する原因となった本人の”生きづらさと折り合いをつける必要があります。