2018/10/07

ギャンブル依存症の回復施設の選び方 病院の違いについて

家

「ギャンブル依存症を治したい。施設はどこがいいのだろう」

「施設ではどんな治療をしているの?どのくらいの費用がかかるの?」

「施設って病院とはどんなところが違うの?」

 

ギャンブル依存症の当事者の家族のあなたはこうお悩みかもしれません。

 

今回はそんな疑問をお持ちの方に向けて病院と施設の違いや、施設で実際に行なわれているプログラムについて記事を書いています。

少しでも疑問の解消にお役に立てれば幸いです。

 

【目次】

 

1 ギャンブル依存症の施設にはどんな種類があるの?

まずギャンブル依存症の回復施設の種類についですが、大きく分けて二つの種類があります。

一つ目が回復施設に完全に入所するタイプの入寮型。二つ目が回復施設に通うタイプである通所型です。それぞれどのような特徴があり、どのような方に適しているのかについて以下でご紹介します。

1-1 入寮型の回復施設

施設に入寮して依存症を治療していくタイプです。日々の生活を集団の中で過ごしていきます。依存症の症状が比較的重く、第三者の観察が必要な方に適しています。

1-2 通所型の回復施設

入寮に対して、こちらは施設に通いながら依存症を治療していくタイプでデイケアとも呼ばれています。比較的に依存症の症状が軽度な方に適しています。また会社や学校などに通いながら治療していきたい方にも通所型が適しています。

費用はやや高めだがしっかりと治療したい方には入寮型の回復施設が適しています。(それぞれのタイプの詳しい費用に関しては後程ご紹介します。)

 

2 施設では実際にどんな治療が行われるの?

ギャンブル依存症の回復施設ではどのような治療プログラムが行われているのでしょうか。病院との違いもふまえながらご紹介していきます。

2-1 施設での治療プログラムについて

依存症回復施設では主にミーティングなどと呼ばれる依存症当事者同士の対話やレクリエーション、清掃などのボランティア活動などが行われます。それらの活動を通して依存症になってしまった過去を振り返り、奥底にある心の痛みや苦しみを当事者同士でシェアしながら、二度と依存症に戻らないために対話や他者とのかかわりを通して自分自身と向き合うようなプログラムになっています。

2-2 医療機関との違い

依存症の回復施設と一般の病院の大きな違いの一つはそれらの治療にあたるスタッフです。

依存症の回復施設では過去に依存症で苦しみながらも実際に依存症を克服してきた経験者が治療や回復プログラムを行っています。

一方で医療機関では精神科や臨床心理士などの専門的な医者が治療にあたります。

それぞれメリット、デメリットありますが、回復施設で治療を行うメリットの一つとして病院などの医療機関に比べて治療にあたるスタッフと患者の心理的距離が近いことがあります。

スタッフ自身も依存症を克服してきた当事者であるため、医者対患者といったような構図ではなく先輩と後輩、パートナーのような存在として患者と向き合える点はメリットの一つでもあります。

また、医療機関では抗うつ剤の投与など薬物による治療が行われる場合もありますが、回復施設においては薬物投与による治療は行われません。

2-3 施設での主な治療プログラム

・ミーティング

当事者同士でお互いの依存症になった過去を話したり、聞いたりするプログラムです。同じ苦しみを持っている当事者である仲間との関わりの中で、自分自身の過去に抱えてきた心の痛みや苦しみを共有し、受け入れることで克服するための精神的な土壌を育てていきます。

・レクリエーション

スポーツや料理や清掃などの活動を行っていきます。それらの活動を通して、健全な体を取り戻し、自立して生活するために必要な能力をトレーニングしていきます。またその他にもキャンプや映画鑑賞等の屋内、屋外レクリエーションなどを行いギャンブル以外の新しい趣味を見つけていきます。

・ボランティア

周辺地域の清掃などのボランティア活動を通して、一般社会との健全な接点をもちながら自身の自尊心や自己肯定感を育んでいきます。同時に周りの社会への感謝の気持ちを育んでいき社会復帰への準備をしていきます。

 

3 ギャンブル依存症の治療までにはどのくらいの時間がかかるの?

次に回復するまでにどのくらいの期間が必要なのかについて説明していきます。個人差によること、プログラムの期間も方法も、それぞれの施設によって違うため、目安として参考にしてください。

3-1 一般の回復施設と病院の治療期間の違い

病院で入院治療する場合は基本的には 3か月の入院治療プログラムが一般的ですが、一方で回復施設では早くても1年以上入寮することが多いです。長い時間を集団生活の中で過ごすことで、自分自身を振り返ります。最終的に「過去の自分と向き合い、反省し、ギャンブルなしでこれからの人生を生きていける」ことを目指します。

参考:ギャンブル依存症で借金に陥る人の心理と治療方法

http://onew-web.net/96.html#i-10

3-2 ヒューマンアルバの場合

ヒューマンアルバでは1年間の利用で依存症からの回復(依存症とどう折り合いをつけていくかということなど基本的な生活習慣や考え方を身につけることなどが目的です。)を目指します。

そして、その後その先の人生のために就労移行支援等の支援を行います。

こちらは半年から1年かけながら依存症当事者や家族にとって、より良い選択ができるようにサポートさせていただきます。とはいえ、ヒューマンアルバでは、当事者・家族の個別性も大事にしているため、依存症当事者やご家族の状況に合わせて柔軟に対応していきます。

病院

4 実際にどのくらいの費用がかかるの?

さて実際に回復施設を利用しようとなった場合に気になることが、費用面についてだと思います。費用面についても治療期間と同様、施設や団体によって変わってきますが目安として参考にしてください。

4-1 一般の回復施設と病院の違い

外来を利用するか、入院を利用するかでも費用が変わります。

・外来の場合

初診は800円〜7200円と開きがあります。こちらは治療の内容や薬の処方内容によって変わってきます。また自己負担率といって、家計の状況によって医療費の負担率に変動があります。

(経済的に困窮している場合、医療費の負担率が下がる傾向があります。)

・入院の場合

1ヶ月あたりで大体10万から20万がかかると言われています。とはいえ、病棟の種類や治療内容によりますが、大体これくらいかかると認識いただければと思います。

「こんなにお金がかかるなんて…。払えないよ」という場合、自立支援医療という公的な医療負担制度もあります。詳しくは医療機関、行政の窓口等でご相談ください。

4-2 回復施設でかかる費用の目安 

では、ギャンブル依存症回復施設ではどれくらい費用が掛かるのでしょうか?

ギャンブル依存症回復施設では、グレイスロードさんは、入寮費や月額費が月々16万から18万でプログラムが受けられます。

また東京で女性の依存症当事者向けにも施設があります。例えば、NPO法人ジャパンマックでは、ロイスと呼ばれる『女性依存症者のためのナイトケアホーム』があります。こちらは1泊15000円でプログラムを受けることができます。

参考:グレイス・ロード    http://gracelord.jp/publics/index/37/

参考:NPO法人ジャパンマック http://japanmac.or.jp/guide/rois.html 

4-3 ヒューマンアルバの場合

ヒューマンアルバでは、障害者総合支援法に基づき、厚生労働省から補助金をもらいながら運営しています。
そのため依存症当事者に対して、比較的安価でご利用いただけます。

  • 市区町村からの指定を受けており、通所の場合の費用は所得に応じた負担となります。    
  • 目安としては、9,300円~ 37,200円の間の費用になります。  
  • 入寮型の場合は、以下の費用が実費負担となります。                
  • 月額賃料(目安:40,000円~ 50,000円)食費、水道光熱費、その他

生活保護世帯など金銭的に余裕がない場合も、個別にご相談にのりつつご家族や当事者にとって良い方向に持っていけるように
願っていますので何かありましたらご連絡ください。

 

4-4 ギャンブル依存症のための回復施設の探し方

では、実際に施設での治療を検討した際、どうやって回復施設を探せばよいでしょうか?

方法は2つあります。

1つはお住いの地区の「精神保健福祉センター」や「保健所」にご相談いただくことです。多くの保健所で「精神保健福祉相談」を行っています。

もう1つは全国の相談機関・家族会・リハビリ施設などに相談することです。以下、厚生労働省のページを参考にしていただければと思います。

参考:厚生労働省 ご家族の薬物問題でお困りの方へ(家族読本)

https://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/yakubuturanyou/other/kazoku_doikuhon.html

 

どうやって治療法を選んでいいかわからない、どんな施設が向いているかわからない等

お悩みがありましたら、ヒューマンアルバでは無料相談も行なっておりますのでお気軽にご相談ください。

 

5 まとめ:どうかひとりで悩まず第三者を頼ってください

これまでの話をまとめます。

      • 依存症回復施設は依存症を乗り越えた元当事者もスタッフとして働いていることが多く、依存症当事者の「やめたいけどやめられない」という気持ちに寄り添ってもらえます。
      • 依存症回復施設では約9ヶ月から1年間かけて回復を目指す場合が多いです。費用の目安は、施設によって様々ですが月に約1020万が必要です。

 

「依存症になったあの人がやっていけるのかしら…。」とご不安のご家族もいらっしゃると思います。

ヒューマンアルバでは無料でご相談も受け付けております。

また自身も依存症の当事者であったスタッフが中心となって回復プログラムも行っております。

まずはお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせはこちらから:

お問い合わせ

 

ライター:松友萌