2018/07/10

「依存症の親」はアダルトチルドレンを生み、親子ともに生きづらさを抱える。

アダルトチルドレンの存在はご存知でしょうか?

アダルトチルドレンとは、「アルコール依存症者をはじめとする機能不全家族の中で育った子どもたちのこと」を言います。

近年、少しずつその存在が認知されてきていますが、今回のコラムでは依存症の家族とアダルトチルドレンの関係について、アダルトチルドレンの母を持つ私からご説明します。

 

目次

1アダルトチルドレンとは?生きづらさの正体とは?

アダルトチルドレンとは、元々は「アルコール依存症の家族の中で子ども時代を送った子どもたち」を指していました。しかし現在はアルコール依存症の家族だけにとどまらずアルコール依存症の親がいた家族も含め、「身体的虐待があった」、「性的な虐待があった」、「親の期待が大きすぎる」など、家庭が安全な場所として機能しない、機能不全な家族の中で育った子どもたちのことを指します。アダルト・チルドレンの特徴として、健全な学びの体得が難しく、苦しい家庭で育った子ども時代の経験によって、自己認識の歪みや対人関係がうまくいかないなどの「生きづらさ」を感じることがあります。また、青年期・成人期での精神障害の発症のリスクも高く、アダルトチルドレンの場合、暖かな過程で育った人に比べ抑うつ状態になりやすいといわれています。

(弊社でもアダルトチルドレンについて弊社代表が書いている記事があります。よければご参考ください。)

2アダルトチルドレンと依存症 世代間連鎖について

生きづらさを抱えやすいアダルトチルドレンですが、世代間連鎖するといわれています。ここで使用した世代間連鎖とは、「虐待や貧困といった問題が世代を超えて伝わっていくこと」という意味で使用しています。今回の依存症の親を持つ子どもは依存症になる可能性があるという文脈では、依存症が世代間連鎖しその子どもも依存症になる可能性があると認識いただければよいと思います。

 

例えば、アルコール依存症・ギャンブル依存症の父母を持つ子どもが大人になります。依存症の家庭で育った子どもはアダルトチルドレンになる可能性が高いといわれています。依存症の家庭で育った子どもが大人になり、「生きづらさ」や苦しみを抱えたとします。その際に、生きづらさや苦しみから一時的に逃れるために、依存症等になることも考えられます。また、依存症を抱えなくてもアダルトチルドレンの方が子どもを授かった時、「私は暖かな家庭がどんなものかわからない…。だからどう子供をどう育てていいかわからない」と悩み、適切に第3者を頼れず、授かった子どもと「悲しい気持ちのすれ違い」の末、その子どももアダルトチルドレンとなる可能性があります。(これは後述する私の家族の事例と近いです。)

3私の母の事例:生きづらさは世代を超える

 

ここまでは、アダルトチルドレンの概要等をお伝えしました。依存症の家庭で育った子どもはアダルトチルドレンになる可能性が高いです。そしてアダルトチルドレンが大人になった際、何らかのきっかけで依存症になる可能性も高いのです。そしてたとえ依存症にならなくても生きづらさを抱えています。 そして、アダルトチルドレンが親になり子供を育てる立場になった時、「暖かな家庭で育った経験がないこと」から、どう子どもを育てていいのかわからず、その子どももアダルトチルドレンになる可能性もあります。

ここからは実例を交えてお話しできればと思います。

私は今アダルトチルドレンの記事を書いていますが、かくいう私もアダルトチルドレンの傾向があります。少し長いですが、実際に「依存症の家庭で育った母」、「依存症の家庭で育ち、アダルトチルドレンの傾向のある母の子育て上の不安と私自身のお話し」についてお付き合いいただければと思います。

私の母の父(以後祖父と記載します。)はアルコール依存症でした。もともとは仕事熱心でしたし、家庭を大事にする素敵なであり父だったそうです。しかし、母が小学生の頃から仕事がうまくいかなくなりました。(祖父は精密機械の会社の幹部でした。)その頃からストレス発散や憂さ晴らしのためにアルコール摂取が増えたそうです。そして、次第にアルコール摂取が増えていき、アルコールを飲むために家の金を使ってしまったり、会社に行けない日が続いたといいます。母の母(以後祖母と記載します。)はそんな旦那に対して、厳しい言葉を何度も投げかけ、家庭内では喧嘩が絶えなかったといいます。

そして、会社の経営もどんどん悪くなっていきます。会社も多額の借金をしていたこともあり、家まで借金の取り立てが来ることもあったそうです。

母は小学生中学年の頃に、母の親戚のすむ地方に預けられたそうです。その時の孤独感や悲しみは今になっても忘れないといいます。

そして、母が中1の頃に祖母とと祖父は離婚しました。母は祖母から「ねえ、別れた方がいいかな?」と相談されたそうです。そして、母は「別れた方がいいと思う」といい、別れることになったといいます。母は幼少期の孤独感や安定しない家庭で育ったため、「家庭がどんなものか?暖かな家庭がどんなものか?」がわからず大人になったそうです。そして母は「生きづらさ」を抱えたまま大人になりました。

そして、母のもとで育った私も「生きづらさ」や苦しさを抱えてきました。安定しない家庭で育った母は、心配性です。おそらく幼少期に突然地方に預けられたこと、借金の取り立てが突然自分の家に来る恐怖なども関係していると思います。また、いつ両親が喧嘩をするのだろうと不安だった気持ちもあったのだと思います。

おそらく母はそんな不安を少しでも軽くしたかったのでしょう。私のことを全て知っておかなければと、母は私の進路について「こうしたほうがいい」と言ってきました。そして私自身、その通りに生きてきたような気がします。また、私は小さいころから監視されているように感じながら暮らしてきました。具体的には、中学生の頃にケータイを買ってもらいましたが、メールは母が全部チェックしていたのです。(私を心配するあまり、私に成りすまして、私の友達等にメールをしてしまうこともありました。)

そして、私が何かを「やりたい」と伝えても「どうせ失敗するんだからやめときなさい」や「心配なの、だからそんなことやっちゃだめよ」と母に言われて育ちました。そのため、自分は「『●●したい』と思って生きてはいけないのだ。」と感じるようになりました。私は中学生・高校生の頃は常に生きづらさを抱えていたように思います。

いかがだったでしょうか?

母の父(私の祖父)のアルコール依存症から始まり、母は生きづらさを抱え大人になりました。そしてその傷が癒されないまま、私が生まれました。「自分が暖かな家庭で育っていないからこそ、どう子どもを育てていいのかわからない」という苦悩を抱え、私を育てるうちに「悲しい気持ちの上でのすれ違い」が起こり、私自身も生きづらさを抱えた時期がありました。

ほんのささいなきっかけによって、自分だけでなくその先の子どもや孫が「生きづらさ」を抱える可能性があるのです。

4アダルトチルドレンからの脱却するには?

さて、アダルトチルドレンから脱却する方法はあるのでしょうか?

これには大きく分けて3つあると考えられています。

1カウンセリングを受ける

アダルトチルドレンの人は現在の生活でも「生きづらさ」を抱えていることもあります。人間関係で、人との距離感をうまくつかめず孤立してしまったり、逆になれなれしいと周囲から引かれてしまったりトラブルに巻き込まれたりすることもあるでしょう。そのため現在の悩みがあればそれらを解きほぐしていく必要があります。臨床心理士等のカウンセラーの下でカウンセリングを受け、自分の現在の問題等を整理することで、今の生活での困り感が少しずつ減っていくでしょう。 

2心理療法を受ける

アダルトチルドレンは幼少期のトラウマ体験や安心安全な家庭で育てなかったことで、傷つき経験をしている可能性があります。その傷を癒していく必要があります。実際にトラウマ経験が重篤な場合、EMDR等のトラウマケア等を行い過去の経験の整理を行う場合もあります。EMDRとは、「眼球運動による脱感作と再処理法」と呼ばれ眼球運動を利用して外傷的記憶を処理し整理するトラウマケアの1つです。このようにカウンセリングだけでなく特定の心理療法を行うことで、過去の傷つき経験を癒していく場合もあるでしょう。

3自助グループに参加する

自助グループはある経験や障害を持つ者同士が互いに励まし支えあいながら、苦しみを様々な形で克服していくための集団です。例えば、犯罪被害にあった被害者の自助グループ、死別経験をしたグリーフケアを目的とした自助グループ、そして依存症等の苦しみを抱えた人の自助グループなどがあります。自助グループに参加することで、普段口にすることができない苦しみを口にし、周囲に聞いてもらえた経験から「自分は受け入れてもらえる」という自己受容感が高まることがあります。また、同じような経験をした人との出会いを通して「苦しいのは自分一人じゃない」と安心し、孤独感が緩和される可能性があります。そして、自助グループに通い続けることで、仲間とともに自分の経験と向き合い、苦しかった過去の経験に意味づけすることができるかもしれません。参考::アダルト・チルドレン・アノニマス

5まとめ

①アダルトチルドレンとは、「家庭が安全な場所として機能しない家族の中で育った子どもたち」のことを言います。

②アダルトチルドレンは、世代を超えて連鎖する可能性があります。

③アダルトチルドレン克服には、カウンセリング、心理療法、自助グループに通うなどの方法があります。

依存症は心の病気です。

そして、依存症になる背景には、本人が抱えている生きづらさが関係している場合が多いです。例えば今回ご紹介したアダルトチルドレンなどもそれにあたります。

そのため、依存症の背景にアダルトチルドレン等の「生きづらさ」を抱える場合、単なる依存症治療にとどまらず、その人やその人の家族に寄り添い、その人の過去の傷つきを癒していく必要があります。

私たち、ヒューマンアルバでは依存症回復に向けた無料相談を行っています。そこでは、依存症の当事者やその家族として依存症を体感した経験を持つスタッフが依存症の方やご家族一人一人に寄り添った対応を行なっています。

・不安、怖い。誰か助けてほしい。

・もうどうしていいかわからないんです…。つらいです。

どんな小さなお悩みも、あなたの意見を尊重しながら、回復に向けて共に歩んでいきます。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちらから:

http://human-alba.com/contact/

ヒューマンアルバ

〒214-0038

神奈川県川崎市多摩区生田6-4-7

電話でのご相談も受け付けております

(受付時間:平日10:00〜18:00)

044-385-3000

 

--------------------------------------------------------------------------------------------
ヒューマンアルバでは、定期的に『家族会』を開催しております。
依存症者を回復につなげるためには、まずご家族が対応を変えていく必要があります。

・つらい思いを吐き出す場として

・状況を変えていく学びの場として

ぜひ、ご活用ください。 (お申し込みはこちらから)
----------------------------------------------------------------------------------------------

 

参考文献:

アダルトチルドレンを生む「世代間連鎖」とは

緒方明(1996)アダルトチルドレンと共依存.誠信書房

西尾和美(1998)アダルト・チルドレン癒しのワークブック本当の自分を取りもどす16 の方法.学陽書房,

依存症者に対する自助活動の有効性

パニック障害に対するEMDRの 効用と限界

 

ライター:松友萌