株式会社ヒューマンアルバ

依存症コラム計画通りの生活を送る。アルコール・ギャンブル依存症回復について、簡単なようで難しいとても大切なこと。

今回は依存症対象者が依存から抜け出すまでに大切なステップ、「スケジュールを立て、計画通りの生活を送る」ことについてお話しします。

 

「スケジュールを立てること」これって依存から抜け出すことに非常に重要なポイントなんです。

なぜなら、行き当たりばったりの生活をしていると、さまざまな引き金に晒されたりする機会が増えてしまいます。また、予定がない時間に感じる「退屈」という気持ちはその引き金をひく後押しとなります。

つまり、「危険な時間や場面」を作らないように、そして「特にすることがない時間」をなくすように、1日のスケジュールを作っておくことが安全に過ごすことの第一歩となるのです。

「スケジュールを立てること」の重要さ、理解していただけたでしょうか?

 

また、スケジュールを立てる時には、そのスケジュールを頭で考えるだけでなく、その予定を視える化することも大事です。書きとめておけば、今から何をするのか、そして1日の振り返りができるからです。

①スケジュールの記入→②スケジュールの実行→③スケジュールの振り返り

この3ステップの繰り返しを毎日行うことが、自身を回復に導くために非常に有効です。

しかし、同時に簡単なように聞こえるこの3ステップは実は非常に難しいことでもあります。

最初のうちは窮屈に感じ、「別に守らなくても問題ないだろう」という気持ちに苛まれるでしょう。

しかし、こういった自身で立てた約束を自身で守れるようになること、そしてそこに成功体験を感じることが依存症回復に向けて非常に有効な方法です。

今日から、あなたも1日のスケジュールをノートに記載し始めてみませんか?

「どう書いたら効果的かな?」「一緒に実行する仲間がほしい」

そんな時はお気軽にヒューマンアルバにご連絡ください。

 

出典:薬物離脱ワークブック 松本俊彦・伊藤絵美 金剛出版

pageTop