2018/06/11

対談記事:アルコール依存当事者×薬物依存当事者 アルコールと薬物

Aさん(薬物依存当事者)

Bさん(アルコール依存当事者)

 

 

アルコール依存と薬物

A: では、始めに、ここで学ぶこと。医者に処方される睡眠薬、抗不安薬も、処方通りでなく大量に服薬すると、依存症になってしまうことを理解しましょう。マリフアナは問題ないというのは誤った考えであることを知りましょう。危険ドラッグに潜む危険性に気付きましょう。睡眠薬、抗不安薬にどんなイメージを持っていますか。マリフアナにどんなイメージを持っていますか。危険ドラッグにどんなイメージを持っていますか。では、これを書いてみますか、最初。B:さん、お願いします。

 

B: まず、睡眠薬、抗不安薬にどんなイメージを持っていますかですけれども、医者の指示通りに飲めば問題ないですよね。あとは、ずっと飲み続けていけば、頭ぼけるなと。これ、実際、自分もそうですけれど、僕の場合は、病院の中であからさまにろれつも回んねえし、本当に何言ってんのこいつっていうのがいたんで、これ絶対、睡眠薬とか安定剤のあれだなと思って、実際、自分もいっぱい飲んでたときは、ずっと体だるかったし、頭重かったんで、ですんで、僕の場合勝手に自分で切っちゃってるんですけども。そういうもんかなって思いますよね。できれば飲み続けてはいたくはないかなっていうかな。

 

A: はい。俺もよれる。あとは、この薬や酒をやった後に飲む、一緒のワンセットみたいなものがあって、自分もよく見たのは、刑務所の中で俺自身も睡眠薬と強い安定剤をもらって飲んでて、それを飲むと1日たつのは早いけど、なんかあまり覚えてないし、ふらふらだし、よれよれだしで。刑務所で飲んでたときに、飲んだふりをしてためて、それを休みの日にまとめて飲んで、5、6錠頃苦情一気に飲んで、そうすると本当酔っぱらったっていうか、目がぐるんぐるん回って、便所行くのもはいつくばってじゃないと行けない。それが、刑務所の中にいて、何ていうか、遊びというか、飲んでやってたけど、でもそれをやっぱり毎日飲んでる人っていうのは、行動とかも全部遅いし、本当にぼけちゃって、一発であれはよれてんなっていうのが分かってて、そんな状態でしゃばに出るから、それでもうやっぱりおかしいというか、対応できない、そんなイメージがありますよね。

 

 

==========

第二回に続く

==========