株式会社ヒューマンアルバ

依存症コラム対談記事:アルコール依存当事者×薬物依存当事者 アルコール依存 傷つけあう人間関係⑫

Aさん(薬物依存当事者)

Bさん(アルコール依存当事者)

 

 

アルコール依存 仲間/コミュニティ

A: そこはありますよ。

 

B: 本当にね。このやろうって。

 

A: でも、そういうときにどう対処するかっていうのも。

 

B: でも、おかげさまで、今、そのAAでもいろいろ仲間ができてきて、具体的に連絡先とかも教えてもらって、だから、例えば、自分が一人のときになんかあって、ああってなってるときに電話一本させてもらえばいいのかなって思いますよね。こうこうこうなんだけどっつって、今、飲みそうで危ないぞってね。そういうことを言って解消していって。それってでも、結局、後で振り返ればお互いのためになってることですから。AAでいうと、そういう人と関わっていくことで自分の回復もなされるっていう聖なる逆説っていうのがあるんですけど。そういうことで、だから、かつてはそういう愚痴とかいうのを、俺、いや、こんなこと言ったら人が迷惑だよなとかって思ってたんですけれども、最近はそういうのやめようと思って。とにかく、ため込まないようにっていうことをやっていかなあかんと思って。同じアル中ですから、人がどう思おうがそれは勝手だなと思って、もう。

 

A: そこで本物の仲間っていうのも変だけど、健全な、本当、B:さんのことを考えてくれてる人に相談することで、中途半端にやめてるような人に言ったら余計けんかなっちゃうからね。

 

B: そうですよね。ですんで。

 

A: そこは。

 

B: 本当におかげさまでね。いろんな方と、だから、神さまの導きによって出会わせてもらって、僕を成長させてくれますよね。

 

A: 本当、そう思いますよ。人を通して、人との出会いによって人って変われるし。でも、その出会いこそが神さまが出会わさせてくれて導かせてくれたわけであって、そこから人は必ず変わることもできるし、多くの仲間にも出会えるわけだからね。

 

B: そう。だから、今、自分の中で考えてんのが、◯◯ ね。◯◯ グループのB:くんと仲良くなったら◯◯ もらえるよっていうのをAAの中で広めていきたいなと思って。

 

A: いいじゃないっすか。殺到が来る前にもう一本作っといてもらわないと。

 

B: そうです。今、注文いっぱい。

 

A: 注文いっぱいですか。今、何本あれですか、注文は。

 

B: 今んところ、この後、これか。今、1本仕上げたんで。

 

A: 大体30分ぐらいですか。

 

B: 30分じゃできないっすね。1時間はかかるっすね。今、これ作ったんで。

 

 

==========

第十三回に続く

==========

 

pageTop