2018/04/26

アルコール等の依存症回復ワーク19.生きづらさに関係する反応とは③

生きづらさに関連する反応の種類

同じ状況に置かれても、人の反応は様々であることに加え、人が置かれる状況は様々です。

そのため、「今、ここ」での反応は無数にあります。

 

この無数の反応を生きづらさに関係があるかどうか、という観点から、4つにカテゴリ分けしてみます。

 

1.傷ついた子供のような反応

2.大人に傷つけられているような反応

3.感心できない反応

4.健康的な反応(幸せな子供のような反応)

 

ここでは、4.についてみていきます。

 

 

 

健康的な反応

1~3の反応とは違い、人を幸せにしてくれる反応が、4.健康的な反応、です。

これはさらに、「①幸せな子供のような反応」「②健康的な大人の反応」の2種類に分けられます。

 

幸せな子供のような反応、とは、その名の通り、その人の心のなかの、「小さなこども」が幸せな状態でいることです。

以下、例になります。

 

・子供のように喜んでいる反応

・子供のようにニコニコしている反応

・子供のように、安心している反応

・すやすや眠っているような反応

・子供のように楽しんでいる反応

・子供のようにはしゃいでいる反応

・のびのびとしたいことをしている反応

 

一方、健康的な大人の反応、とは、人の心の中にある「健康的な大人」の部分が、物事や他人の言動や自らの反応を、評価せずにそのまま受け止め、落ち着いて対処する状態のことです。

 

この反応をする程度は、人によってことなります。

この反応が少なかったり思い浮かべられなかったりすると、傷ついたこどものような反応、大人に傷つけられているような反応、感心できない反応にかんたんに巻き込まれ、ネガティブな体験をすることが多くなってしまいます。

 

反対に、この健康的な大人の反応が多ければ、他の反応が出てきてもそれに巻き込まれることはなく、それらに気づき、そのままに受け止め、落ち着いて対処し、何かあってもどうにか対処できるから大丈夫、と構えていられるようになります。