2018/04/10

アルコール 飲酒傾向

はじめに

「依存」をキーワードとして考える際に、最も身近なものとして挙げられるものに「アルコール」があります。※その他、タバコ等 これらやいわゆる薬物とは違い合法ではありますが、手に入れやすさと依存性が社会問題になっております。

 

 

飲酒傾向

国税庁および総理府による「酒類に関する世論調査」では、純アルコールで1日平均150ミリリットル(日本酒換算で約5合)以上のアルコールを飲む人たちを、「大量飲酒者」としていて、その数は1965年には約100万人と推定されていました。 その数は徐々に増加していき、1985年には1965年の約2倍、ピークの1997年には約240万人という数字を計上しました。

 

 

実は危険なお酒

アルコールに関する問題は、お酒に強い人種が多い国々に目を向けるとより大きい問題であると実感できます。 例えば、アメリカでは成人の7%(約1000万人)がアルコールに関する問題を抱えていると言われています。交通事故による死亡者の約半数はアルコールが原因であり、アルコール類の乱用による死亡者数は年間約10万人に上ります。

 

場合によっては死を招く原因となるにもかかわらず、アルコールは自発的に摂取し「酔って楽しむ」ことが社会的に良しとされている傾向があります。

 

アルコールはどの薬物よりも身近で(合法であるため)、しかし人間を興奮状態にさせ場合によっては死をもたらす、危険な「くすり」とも言うことができると思います。