2018/04/03

アルコール依存症の夫の、借金が発覚。どうすればいい?

返済義務はあるのか?

借金の保証人になっていない限り、ご家族が返済義務を負うことはありません。

また、業者が家族に返済を要求することは法律で禁じられています。

 

※もしも業者から、あいまいに「借金を返せ」という言い方をされたら、家族には返済義務がないため、払わないとはっきり伝えましょう。

※それでもしつこく「払え」と言ってくる場合は、闇金融(貸金業としての登録を行わずに違法な高金利を取り、さらには悪質な手口で利用者から金銭の回収を目論む業者)である可能性があります。連絡先を聞いて警察に届け出ましょう。

 

 

家族が肩代わりするとどうなるのか?

「早く返さないと利息が膨らんで大変なことになる」、と不安になったり、「借りたものを返さないなんて、筋が違うことはしたくない」という気持ちにもしかしたらなるかもしれません。

 

しかし、ご本人の回復を第一に考えた場合、ここはあえて「何もしない」「間違っても、借金を肩代わりしない」ことをおすすめします。

それは、家族が肩代わりすると、あえてこのような言い方をしますが「痛い目をみない」のです。つまり、「困ったら家族がなんとかしてくれるさ」という考えになり、ご本人の反省、及び「回復しなきゃ」という意思決定が遅れてしまうのです。

 

家族が追い込まれていくのを黙って見ているのは辛いかもしれませんが、ここはじっと我慢することが大事になります。