2018/03/08

アルコール依存を治す事例はあるの?

アルコール依存を治す事例はあるの?

川崎には依存症(特にアルコール)治療に専門性を持たれている医療機関が数拠点、民間での回復施設も数拠点あります。

「ここに行けば必ず治る」というものではありませんが、やはり自分だけで考えているより、専門機関に相談したほうが回復する可能性は高まります。

ここで、アルコール依存から回復された方の事例をご紹介致します。

 

■53歳、男性、元舞台技術者

 

○プロフィール・依存症になるまでの経緯

・昭和39年札幌市にて長男として出生。

・4才から転勤が続き10才より千葉市で育つ。体格がよく高慢な子供であった。

・中学なかばより父の問題飲酒が顕在化、 本人は内向的な逃避が習慣化する。 

・志望高校受験に失敗し、滑り止め校で他責的な動機で飲酒を始める。

・遺伝的反応かブラックアウトが多く、警察に保護されるなど無期停学処分まで受ける。アルコール依存症的な自己中心性が強まり、高卒後は二部大学生として家を出る。

・30才でただ飲みつなぐだけの日々、ブラックアウトで怪我や迷惑行為が多発。

・31才、実家で半年断酒するが再び問題飲酒、33才鉄工所へ就職するも病状と迷惑深める。

・平成11年2月、35才、飲酒し自転車で転倒、救急搬送され手術後ひと月ほど連続飲酒 埼玉のある病院に家族にともなわれ入院。

・退院後、介護職に就くも1年後飲酒し再入院。

 

○依存症として現れる症状
  • アルコールを摂取したいという強い強迫観念
  • コントロールの喪失。一杯飲んでしまうと、更にもう一杯・もう一杯と続けて飲酒してしまう
  • 禁断症状を避けるためにそのアルコールを摂取
  • 同じ量ではその効果が得られず、量が増加し耐性ができること
  • 物質使用で頭が一杯になること

 

○回復までの道のり

・その後、根本的治療を決意、生保18ヵ月受給、A病院に半年間通所、同時に12ステッププログラムの徹底した実践を開始し5年間テーマパークで就業する。

・平成19年B病院入職、現在まで病棟と外来で断酒プログラム教育と相談業務に従事。