株式会社ヒューマンアルバ

依存症コラムアルコール依存症など、依存症の進行プロセスについて

依存症の進行プロセス

「夫は元々お酒をよく飲む人だったけど、気づいたら生活に支障が出るレベルまで、飲んでいた」「いつのまにか依存症になっていた」という声を聞きます。

アルコール、薬物、ギャンブル、窃盗、ネット・スマホ、etc..

あらゆる依存症も、摂取した・使ったその日から依存症になることはありません。 習慣的に摂取・活用しているうちに、いつしか進行していく病気です。

 

ここでは、依存症の進行プロセスをまとめてみました。 (アルコール・薬物について)

 

 

1.摂取・乱用期

[アルコール]

習慣的に、飲酒をするようになります。 徐々に酒量が増加し、それにつれて酒に強くなります(耐性の形成) お酒を飲むことで気分が高揚することが当たり前になり、機会があるごとにお酒を飲むようになります。

[薬物]

仲間に誘われて断れず・好奇心から薬物に手を出します。 この段階では、薬物の量や、使用する日時・場所は統制可能です。

 

 

2.依存手前・境界線上(精神的依存の形成)

[アルコール]

ほとんど毎日のみます。 ほろ酔い程度では飽き足らず、徐々に限界を超え、度々ブラックアウト(記憶の欠如)が起きます。

[薬物]

薬物がないと物足りず、なんとか手に入れようと必死になります。 不安やイライラ、焦燥感を感じてきます。

 

 

3.依存初期(身体的依存の形成)

[アルコール]

酒が切れると、身体的な症状が現れます(寝汗・微熱・不眠等)。 ※「風邪かな?」と思う方も多く、自覚しにくいのが難点です。 酒が原因の、問題が起き始めます。(遅刻・欠勤、不注意上のミス)

[薬物]

薬物が切れると、身体的な症状が現れます。 (手の震え、悪寒、発汗等)

 

 

4.依存中期(問題の表面化)

[アルコール]

酒が切れると表面化する離脱症状(手の震え・恐怖感等)を抑えるために、迎え酒をするようになります。 酒が原因の問題(遅刻・欠勤、不注意上のミス)が頻繁に起こります。 また、酒を飲むためのウソが多くなる・攻撃的な口調・態度になることで、家庭内のトラブルも増えていきます。

[薬物]

暴力、暴言などの対人関係のトラブルや、家庭崩壊、借金、犯罪など様々な問題が起こってきます。 離脱症状が進み、薬物を手に入れるためには手段を選ばなくなります。 (親の財布からお金を抜く、親の結婚指輪まで盗み売ってします、等)

 

 

5.依存末期(生活の破綻)

[アルコール]

ここまでくると、自分でコントロールすることは不可能になります。 アルコールが切れると離脱症状におわれ、飲んでいるときが正常となるため、連続飲酒を続けます。 その中で幻覚、肝臓その他の疾患の悪化により、日常生活(仕事や趣味、その他活動)を送ることが困難になります。 家族・仕事、その他社会的信用を失います。 絶望的な状況となり、最後は死に至ります。

[薬物]

幻覚や妄想などの症状がひどくなり、日常生活を正常に送ることができなくなります。 身体的な疾患も悪化し、また家族・仕事・その他社会的信用を失います。 経済的・社会的にもどうにもいかなくなり、最後は死に至ります。

 

 

最後に

アルコールを始め、依存症は病気ですが、回復することができる病気です。 しかし本人は自分からなかなか助けを求めない(求められない)ため、周囲からの介入が重要となります。 介入に関しては専門性が必要となるため、回復施設・医療機関にまずはご相談ください。

pageTop