株式会社ヒューマンアルバ

依存症コラムアルコール、薬物等依存 引き金「H.A.L.T」とは?

危険な状態「H.A.L.T」

H.A.L.Tとは、以下の言葉の頭文字を取ったものです。

 

・H:Hugry(空腹状態)

・A:Angry(怒り)

・L:Lonely(孤独)

・T:Tired(疲労)

 

このような状態の時、私たちは物事の思考力・判断力が鈍ります。

そして、このような状態の時にアルコール、薬物が無性に欲しくなります。

つまり、再発しないためには、「空腹にならない」「腹をたてない」「孤立しない」「疲れない」 事が大事になります。

 

 

 

Hungry(空腹状態)

お腹が空いていると、アルコール摂取、薬物使用の動機が高まります。

空腹時はイライラしてしまうからです。

反対に、幸せな状態・満ち足りている状態(仕事もプライベートもうまくいっている)ならよいのかというと、必ずしも良いわけではありません。 (気分がうかれて、逆に手を出してしまいたくなる、等)

通常の状態が、一番よい、ということですね。

 

 

 

Anrgy(怒り)

多くの人にとって、怒りをうまく沈めるのは、簡単なことではありません。

怒りを紛らわそうとして、薬物を再使用してしまう人はとても多いです。

 

アルコール大量飲酒、薬物乱用をしないからといって、怒りを露わにしたり、暴力をふるったりするのも、健全な方法ではありません。

また、ただ単に怒りを押さえ込んでしまうのも、また健全で貼りません。

 

どんな時に怒りが生じやすいのか、どうやって怒りをコントロールしたら良いのか、担当の医師・援助者の方と、相談しながら取り組んでいきましょう。

 

 

 

Lonely(孤独)

アルコール、薬物依存からの回復への道を歩み始めることを決意したならば、アルコール仲間、薬物仲間との付き合いをまず諦めなくてはなりません。

また、これまでの生活の仕方から、

 

・アルコール、薬物を使わない人との人間関係が壊れてしまっている

・精神障害が出てしまい、友人との付き合いができなくなってしまっている

・大切な人が自分の元から去ってしまった

 

という人も多数いることでしょう。

こうした寂しさに我慢できず、再び飲酒・乱用してしまうことは少なくありません。

 

 

 

Tired(疲労)

疲れは、しばしば再発の引き金になります。

へとへとになってしまっていたり、エネルギー不足であると、薬物の力を借りたくなってしまうのです。

(健全な方法で対処する気力もなくなる)

 

薬物を使うことに慣れていた体が、使わない体に慣れるまでの間、十分に眠れなくなり、その結果、疲れが溜まることもあります。

また、仕事を始めるなど、それまでと違った生活で緊張することが多く、その分疲労感がどっとでてくるので、生活が変わるタイミングではより注意が必要です。

 

 

pageTop